2018年3月14日(水)

_____________________________________________________________________________

聖書一日一章     詩篇 150篇

_____________________________________________________________________________

息のあるものはみな、主をほめたたえよ。(6節)

「ハレルヤ」で始まり、いろいろな場所や理由や楽器で神をほめたたえるように勧めます。1節では、「神の聖所で神をほめたたえよ」と言いますが、「神の聖所」と言えば、エルサレムの神殿を指すのが普通ですが、「御力の大空で」と続くので、神のおられる天の聖所のことでしょう。そこにいる天使たちに言っているのでしょう。2節では、ほめたたえる理由として、「みわざ」や「偉大さ」を挙げます。3節から5節では、十弦の琴、立琴、タンバリン、緒琴、笛、シンバルなどの楽器でほめたたえるように言います。

さて、6節では、「息のあるものはみな、主をほめたたえよ」と言います。「息のあるもの」と言えば、すべての動物が含まれますが、やはり一番神をほめたたえることができるのは人間でしょう。神は人間を造られたときに、いのちの息を吹き込まれましたが、それは神を知るためであり、知ってほめたたえるためでした。ですから、人間はいのちのある限り、神をほめたたえるように造られているのです。それにしても、いつもいつも神をほめたたえているようなことができるのでしょうか。もちろん、義務とか務めではできません。しかし、もしいつもいつも幸せ感が湧いて来るとすれば、自然にそうなるのではないでしょうか。たとえば、健康であれば、何を食べてもおいしく、神を知っていれば、自然に「神様ありがとう。神様の下さるものはすばらしい」と言ってしまうのではないでしょうか。健康であれば、思いのままに体を動かすことは気持ちよく、楽しく、思わず、感謝してしまうのではないでしょうか。精神的に健康であれば、自由に考えたり思ったりすることは、快く、思わず、感謝してしまうのではないでしょうか。春や秋の晴れた日に大自然の中にいると、空気がおいしく、息をするごとに感謝すると言っても過言ではないでしょう。

しかし、残念ながら、私たちは、そんなに健康でも自由でもありません。だから、なかなかできないのです。少しでも聖霊によって心も体もいやされたいと思います。同時に、天国では、完璧な環境で、完全に健康ですから、息をするごとに、神をほめたたえてしまうでしょうが、楽しみにしましょう。

テレフォンのお分かち TEL 072-255-0944   鷹取 裕成