2019年1月20日(日)

_____________________________________________________________________________

聖書一日一章     マタイの福音書 11章

_____________________________________________________________________________

天の御国で一番小さな者でさえ、彼より偉大です。(11節)

イエス・キリストが12弟子を町々村々に派遣されたころ、投獄されていたバプテスマのヨハネが、彼の弟子たちを送って、「おいでになるはずの方はあなたですか。それとも別の方を待つべきでしょうか」と尋ねて来ました。ヨハネは、イエスが預言されたキリストで、この世の悪をさばき、輝くような王国を建てられると待っていたのに、一向にそういうことが起こらないので、ほんとうにイエスはキリストだろうかと疑ったのです。そこで、イエスは、ここで目撃したこと、目の見えない者が見え、足の不自由な者が歩き、ツァラアトに冒された者が癒され、死人が生き返り、貧しい人たちに福音が伝えられていることをヨハネに報告するように言いました。それは、イザヤ書35章で預言されている神の国のしるしだからです。

さて、イエスは11節で、「女から生まれた者の中で、バプテスマのヨハネより偉大な者は現れませんでした。しかし、天の御国で一番小さい者でさえ、彼より偉大です」と言われました。この世の考えでは、王たちや英雄たちが偉大でしょうが、信仰的には、預言者たちが神に一番用いられた人々で、偉大です。中でも、キリストの先駆けとなったバプテスマのヨハネは、「女から生まれた者の中で」一番と言ってもよいほど偉大でしょう。しかし、なんと、「天の御国」に属する者は、その「一番小さい者」でさえ、そんなヨハネよりも偉大だというのです。私たちもキリストをほんとうに信じているなら、「天の御国」に属する者で、かなり「小さい者」でしょうが、それでも、それ以前のどんな偉大な人より偉大なのです。どうしてでしょうか。それは私たちがキリストによって、神を知っているからでしょう。もし、町で天皇や、英国の女王や、ある国の大統領と親しくて、いつも電話で話している人がいれば、それだけで、「すごい」と思うのではないでしょうか。神を知っていることは、それよりはるかにすごいことです。イエスは、25節で、神に、「天地の主であられる父よ。あなたはこれらのことを、知恵ある者や賢い者には隠して、幼子たちに現してくださいました」と祈っておられます。私たちは何も知らない、何もできない幼子のような者ですが、天地の主である神を知っている幼子なのです。幸いなことです。

テレフォンのお分かち TEL 072-255-0944   鷹取 裕成
神の恵みが豊かにありますように